読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだ アート、行こう。

美術館やアートの島を巡る紀行文です。

いたるところに

「アートの島」と呼ばれるだけあって、直島にはいたるところにアートが転がっています。たとえ美術館やなんらかの建物の形式を成していなくても、“そいつら”は佇んでいる。いわゆる屋外オブジェというやつです。

 

たとえば遊歩道を歩いていると・・・

 

f:id:tsukiichigolfer:20170109182622j:plain

ポップな「猫」がいます。ニキ・ド・サンファールという人の作品です。

 

f:id:tsukiichigolfer:20170109182759j:plain

「像」ですね。

 

f:id:tsukiichigolfer:20170109182906j:plain

こちらは「会話」という作品。モチーフは蛇です。

 

f:id:tsukiichigolfer:20170109183020j:plain

こいつは何者? カレル・アペルの「かえると猫」という作品です。

 

あるいはベネッセハウスミュージアム前の道路沿いには・・・

 

f:id:tsukiichigolfer:20170109183631j:plain

これはジョージ・リッキーの「三枚の正方形」です。

 

f:id:tsukiichigolfer:20170109184239j:plain

「文化大混浴 直島のためのプロジェクト」は蔡國強の作。

 

そして砂浜に出てみると・・・

 

f:id:tsukiichigolfer:20170109184453j:plain大竹伸朗「シップヤード・ワークス 切断された船首」

 

f:id:tsukiichigolfer:20170109184830j:plain

大竹伸朗「シップヤード・ワークス 船尾と穴」

 

さらに普通の住宅街に入っていくと・・・

 

f:id:tsukiichigolfer:20170109185022j:plain

ホントに昔ながらの街並みって感じですよね。

 

f:id:tsukiichigolfer:20170109185143j:plain

そしたら暖簾がオシャレだったり。

 

f:id:tsukiichigolfer:20170109185252j:plain

表札がかわいかったりするのです。

 

一つひとつの作品の制作意図をちゃんと理解しているわけではないけれど、とにかく見て触れることが楽しいくて、なんだか心がウキウキしちゃう。そんな場所なのです。

 

作品がガラッと変わるわけではないのに、またその空気を吸いたくなる。不思議な魅力を持つ直島には、このあと2度訪れることになります。